知的財産の活用

特許権、著作権、商標権、意匠権といった知的財産権は法的に保護され、他社が無断で使用することは原則的にできません。

しかしながら、権利取得には専門的な手続が必要であり、また、他社が取得した権利の範囲の解釈も容易ではありません。


AK法律事務所には、製造業における知財業務経験や、25年以上の特許実務経験を有する弁護士が在籍しておりますので、貴社の知的財産活用を効率的にサポートすることが可能です。

侵害予防

新製品の上市や、新しいサービスのローンチ時に必要な侵害予防対策をサポートいたします。

他社の権利を調査し、その権利範囲を確定して、御社のリスク回避のためのコンサルティングを行います。

知的財産侵害の争訟、訴訟

貴社の知的財産が侵害されている場合に、侵害状態の排除と、損害賠償請求のための手続、例えば、警告書の送付や侵害行為差止等の訴訟を行います。

審判請求・異議申立手続

特許や商標の無効審判や異議申立手続もお任せ下さい。

お問い合わせ

[mwform_formkey key=”6552″]